C工務店第2回打合せ 間取り叩き台の作成

2005年05月14日
前回の打ち合わせから設計担当のK氏も加わり間取りのプランを持参して頂きました。
事前にT氏に要望を伝えてあったのでそれを元にK氏が設計してくれました。

K氏は推定20代後半といったところでしょうか。まだ若い真面目で大人しそうな感じの人でした。

私たちの絶対に譲れない部分は
1)リビング階段
2)蔵収納(ミサワホームで有名)

******************************
この段階では両方とも譲れない条件でしたが結局はどちらも採用しないことになりそうです。
理由はリビング階段を設置すると2階の間取りが難しくなることです。
リビング階段だとどうしても階段は家の中央付近になり2階は階段の位置で間取りが制約されます。私たちの場合、2階の間取りが満足できなかったのです。
蔵収納は県民共済で作る場合、蔵を作るコストアップ分で納戸を作ったほうが収納力も使い勝手も優れているから。
******************************

早速,図面を拝見しました。
No.1,No.2の2プランがあったのですが私たちの理想としていたのはNo.2プランでありこちらをだいぶ気に入りました。

打ち合わせの内容も殆どNo.2についての事に終始しました。ほぼ,理想としていたものなので1Fはこの間取りで大体は決まりでしょう。
ただ,2Fについては私たちの間でも考えが纏まっていなかったので子供部屋,寝室(の広さ)はどうするといった事が決まりません。
結局,1FについてはNo.2プラン,2FはNo.2プランから子供部屋を狭くしてWICを追加した変更間取りを作成してもらう事になりました。

次回打ち合わせは2週間後の5/28(土)
このときに,修正プランと概略の見積もり提示を受けます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする