設計士打合せ 3回目

今日、3回目の打合せを行い間取りが決まりました。
決めた間取りは正方形のプランでキッチン→洗面室への導線が切れていて妻が不満であったプランです。妻を納得させたのか??

スポンサーリンク

キッチン→洗面室への導線は必要なのか

いえいえ違います。冷静になって考えるとキッチン→洗面室への導線は必要なのかと考えました。

キッチン→洗面室への導線にこだわる理由はキッチンで家事をしながら洗濯をしたり風呂への給水,風呂釜の停止といった事をするのにスムーズに動けるために必要と考えられていました。

しかし,,,よくよく考えてみると洗面室で洗濯をするのは容量の大きい8Kgの洗濯機を購入すれば1日1回の洗濯ですみます。
昔のように2槽式の洗濯機なら洗濯,脱水,すすぎ,また脱水と1回の洗濯で4回も洗濯機の前に行く必用がありました。

今は全自動の時代。1回の洗濯ならば1回だけ洗面室へ移動するだけでOKです。これで洗濯はクリア。

続いて風呂。
埼玉県民共済住宅では標準でキッチンから水入れ、湯音、湯量を制御できるのでお風呂場に行くのは浴槽を洗うときだけ。
これで風呂もクリア。

そう考えるとキッチン→洗面室への導線は考慮しなくても良いのではないかという結論に!!

そうしたときに再度、考え直すと家の形を正方形にしたプランでは南側に庭を最大限に取れることもありこのプランに決めました。もちろん妻も納得です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする