本下水or浄化水槽で費用が・・

土地を買う時はその土地が本下水か浄化水槽かを確認しましょう。
なぜなら,本下水と浄化水槽で工事費が場合によっては50万以上も違うのです。

独身で親元に住んでいると下水とかには興味ないですよね。私も特に意識していなかったのですが私が買った土地は下水の地域でした。

下水はトイレ,台所,お風呂の排水を各市町村の下水管に流して下水処理センターで一括して処理するのに対し,浄化水槽は各家庭に槽を設けてそこで排水処理を行います。
どちらも家を新築する際には工事が必要なのですが浄化水槽のほうが工事費が高く付くのです。

また,各家庭の下水管,汚水桝のイメージ図は福井市のHPを参照

福井市の場合ですが,公共桝(市町村で設置してくれる桝。福井市では公設汚水桝と読んでいるらしい。)の設置位置も示してあります。
詳細は福井市HPの汚水桝の設置について

参考までに,以前,C工務店との打ち合わせ時に提示された下水と浄化水槽の工事費は
下水工事;315,000円
浄化槽 ;130m2未満  725,000円
130m2以上  945,000円
2世帯    1,200,000円

ちなみに,浄化水槽にも放流と浸透の2種類あり処理した汚水を流せるような川などが近くにある場合だと無い場合に比べて、安くなります。

但し,浄化水槽には一般に各市町村から補助金がでます。金額は各市町村により異なりますが30万円程度が多いようです。

私の建設予定地の補助金は31万5千円。この分を差し引いてもやはり浄化槽の方が高くなります。

また、当然ですが公共桝から各家庭までの距離が遠いと余計に工事費が掛かります。
土地を選ぶ際には下水にも注目してみてください。あとで想定外の出費とならないように。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする