住宅ローン審査 銀行の気持ち

例えば,次の2人がいたとします。
Aさん;前々年の年収 400万円  前年の年収 1,000万円
Bさん;前々年の年収 600万円  前年の年収 600万円
この場合,AさんとBさんはどちらが住宅ローンの融資を受け易いでしょうか?
Aさんの方が前年の年収も多く前々年よりも増えているのでAさんが有利と思いませんか?
ところが・・・
正解は,Bさんです
銀行の考えでは「収入の安定性」を重視するのです。
Aさんの場合、いきなり年収が上がっていますが、この上昇分は成果給が多かったかもしれません。
Aさんのように年によって年収に大きな変動があると、銀行は「収入が安定していない仕事」と判断します。
対して,Bさんの場合は年収はAさんに劣るものの安定しています。つまり「収入が安定している仕事」と判断されるのです。
もしあなたがAさんと同様,年収のバラツキがあるのならその理由を銀行側に説明する必要があるかもしれません。
この時,来年以降も少なくとも年収は維持することをしっかり説明することも忘れずに!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする