預金連動型住宅ローン

新生銀行で『預金連動型住宅ローン』というローン商品を扱っているようです。
少し,変わっているので紹介したいと思います。
預金連動型住宅ローンは新生銀行の口座へ預金している額までは住宅ローンの金利は付かない事が大きな特徴です。
具体的には,2000万円のローンを組んだとして新生銀行に200万円の預金を預けていたとすると住宅ローンは2000-200=1800万円に対して金利が付く事になります。
別の見方をすれば預金の
200万円が住宅ローンの金利で運用している事
になるのです。
同じような考えで繰り上げ返済がありますがこれは一度払ってしまうと預金は無くなってしまいなす。
預金連動型住宅ローンでは預金で住宅ローンの負担を減らしつつ,更には緊急時の備えとしていつでも引き出せることが大きな違い。
その他にも,繰り上げ返済すると住宅ローン減税の対象額が減るのに対して預金連動型住宅ローンではそのままなので年末の減税額が大きくなる利点も!
中々のアイデアだと思います。フラット35でも取り扱ってくれないかな~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする