設計段階ではオプションを使わせたがらない

設計士さんと打合せをしているとなるべく,オプションは使わせたくないような雰囲気があります。
よくよく,話を聞いてみると
埼玉県民共済住宅では安く供給するために設備を大量発注しています。
県下でも1,2位の施工実績のある埼玉県民共済住宅ですのでメーカーも他では考えられない値段で卸してくれるそうです。
すなわち,大量の在庫を常に抱えているのでこれらを早く償却しなければいけない。
一般の会社でも,大量に在庫を抱えると在庫は資産(お金)なので資産が循環しなければ会社は倒産してしまいます。
県民共済では倒産は無いでしょうが。。。
そういった理由で,設計士さんに対しても標準品を勧めるように指導があるそうです。
標準品を使わせるために,標準仕様だけでも十分に暮らせる設備を準備してありますが,やはり全部標準仕様だけという人は少数だそうですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする