住宅ローン交渉開始

契約が近づいてきたのでそろそろ,資金繰りの計画を建てないといけない時期になってきました。
埼玉県民共済の場合,契約時に20%,上棟時に35%,引渡し時に45%を支払う事になっています。
住宅ローンの選択の大前提として全期間固定金利が絶対条件としています。
理由は
危険な低金利~勝手に住宅ローン シミュレーション~
にある通り金利変動時の返済負担増加が怖いため・・・
それと
銀行も生命保険会社も金利が上がると思っている
住宅ローン金利を決めるものは
にある通り,銀行も,政府もこれから金利が上がると思っている事。
さて,全期間固定金利の住宅ローンの代表はフラット35
いくらまで借りられるかというと100万円以上8,000万円以内で購入価格の8割まで。
私の場合,これは会社の住宅財形が購入価格の2割はあるのでOK
しかし,フラット35では『資金は建物が完成した後,契約を行い支払う』とあります。
フラット35よくある質問(回答)より
って,ことは・・・埼玉県民共済の場合は契約時,上棟時にそれぞれ支払う必要があるのでフラット35は無理ってこと??
困った・・・困った・・・
だめもとで設計士さんに
『埼玉県民共済ではフラット35は無理ですよね。フラット35では完成後にしか資金が降りないから・・・』
と聞いたところ
『フラット35もご利用できますよ』との返事??
時間も無く,詳しい理由までは聞けなかったのですが朗報には間違いない。
でも,銀行にも確認しないと安心出来ない心配性な私・・・
マイホーム取得へ向けた住宅ローンの交渉が始まります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする