JA住宅ローンその後

希望額を借りられない不満はありましたが妻とも話し合い結局,JAの住宅ローンに決めました。
もともと,JAが融資してくれる中間金と最終支払い(約1400万円)と自己資金でちょうどとんとん位でした。
もしものときに備えて予備費として多めに借入れしようと思っていたので予備費が無くなると言うことになります。
ここで,強い味方が登場!!
実家の母が資金援助をしてくれるのです。
ありがとう,お母さん。
この分を予備費として家電,諸費用,外構に当てる事にしたのでJAの住宅ローンだけの借入れとしました。
1400万円借入れ,20年払い,10年固定金利2%が私の住宅ローンになります。
この条件で10年後の残債は770万円。
残債が少ないので金利変動のリスクも吸収できるでしょう(と読んでいます。)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする