初対面と現地立会い確認

建設予定地にて現場監督さんと立会いと打ち合わせを実施しました。
名詞を頂いた後、『覚えていますか?』と現場監督さんが言いました。
そういえばどこかで見たことあるような。。。。。。
思い出した!初めて県民共済へ行った時に説明をしてくれた方だ!
『あっ、最初に説明していただいた』
『そうなんです。何度か打ち合わせに来ていられてるのを見ましたよ』と現場監督さん。
埼玉県民共済では施工エリアで現場監督が決まっているらしいので最初から自分の担当になるのだなとわかっていたのでしょうね。
少し遅れて妻が到着。妻も『あっ、あの時の。。。』見たいな感じでした。
現地では既に地縄が張ってあってありました。
現地での確認事項は
1)地縄の位置確認。
2)施工したときの道路面からの高さの確認
 我が家の場合、60cmの土盛りをするので結構高くなります。
3)設計士さんと決めた仕様の再確認
4)今後の工事日程
 4/26・27で土盛りを行い4/27にやりかた、5/1以降に基礎着工(5月連休に入るので不確定)
概略、以上です。
現場監督さん、前日に近所の挨拶回り済ませていました。私達抜きで。一言言ってほしかったです。
我が家は今日、現場監督さんが挨拶したお宅を手土産(洗剤)もって回りました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする