外壁通気層

外壁が施工されたのですが我が家の場合,外壁通気層が見当たりません。
外壁をそのまま柱に固定したようです。
現場監督に確認してみると
『埼玉県民共済住宅の場合,ALCは柱にそのままつけます。サイディングの場合は間に板を挟んで施工します。』
ということは,ALCの場合外壁通気層無し,サイディングの場合は外壁通気層有りということです。
この,外壁通気層は防水シートと外壁の間の空間を言います。
役割は,壁内に侵入した水蒸気を壁内で結露する前に排出する事です。
壁内に水蒸気が侵入しないよう,防湿シートを施工しているのですが隙間無く施工するのは不可能。
電気の配管とか筋交いがありますからね。どうしても隙間は出来ます。
その隙間から進入した水蒸気を排出するのが外壁通気層。
では外壁通気層が無いALCの場合,壁体内結露はするのではないでしょうか?
正直,分かりませんが結露をする可能性は大いにあると思います。
せめてもの救いは埼玉県民共済で使用しているグラスウールの薄さです。
はじめは,『どうしてこんなにすかすかな断熱材を使っているのだろう。柱の幅に対してグラスウールの厚みが少ないので断熱性悪いじゃないか?』
と思っていましたが,このすかすかな断熱材のおかげで壁内の通気が出来るのではないか?
それとも,壁内の通気も考えて埼玉県民共済住宅は薄い断熱材を使っているのかも??
それは考えすぎかな。。
このあたりの話は考え出すときりがありません。
完璧を求めるのならこだわりのある業者に依頼するのが良いと思いますし私も初めは拘っていました。
ただ、お値段が高すぎ!!
と言うことで埼玉県民共済住宅になった我が家でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ALC板には透湿性能もあります。
    また、壁面の断熱材は75mmを採用しています。
    4寸の柱は120mmですから、柱の厚み分だけでも約45mm通気層
    がとれている訳です。実際にはボ-ド分の厚みもありますので
    大丈夫だと思いますよ。