ベランダの屋根

現場監督の話によると,本日(8/17)に内装クリーニングをして今週中に立会い検査(市役所)を実施するそうです。
立会い検査が終わると,最後にベランダの屋根(テラスというのかも)を据え付けておしまいです。
屋根があると市の検査に通らないので検査が終わった後に付けるのだそうです。
ベランダに屋根を付けていない家もありますが屋根が無いと洗濯物が雨で濡れる機会が多くなるので私には必須のアイテムです。
市役所も検査の時には屋根を指摘してもその後は見て見ぬふりなんてとても日本的。
『自分が検査した時は無かった。後からつけて何か問題がおきた時には自己責任だよ。』
という事でしょうね。
でも,どうしてベランダに屋根は付けてはいけないのでしょう?安全上の問題?消防の問題?
知っている方は教えてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする