最終支払いの概略見積り

引渡し前になると最終支払いが気になってきます。
契約後に大きなオプションはつけなかったものの照明,クロス,電気配線等を選んだ時に個別に見積を貰っていないのでオーバーしていると資金計画の見直しが・・・
そこで,概略の見積を現場監督から頂きました。
結果は約8000円の返金。
埼玉県民共済の場合,契約時に決めた契約金の中には不確定のものがありそれらは全て最大値で契約金額としているのです。
特に大きいのが外部給排水工事。
私の場合ですが,契約時の見積りでは86万円。
しかし実際の工事費は60万円強。
ここで20万円以上の差額が生じるのです。
あらかじめ,最終支払い時に追加負担が無いように配慮しているのです。
では,20万円以上の差額があるのに何故我が家では8000円しか戻らなかったのか?
一つは,契約後に松下電工の食器棚を追加した事。これが14万円弱したのでこれだけで余裕分の半分以上を消費。
あとは,追加工事でお願いした階段下収納の大工手間が2万円。
その他では電気関係の工事で約11万円。
で,トータルの収支では8千円の返金という事でした。
我が家では電気関係の追加分が他の家よりも多いと思います。この部分の詳細は別途,報告します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする