外構工事大失敗(1)

以前に県民提携の外構業者(A社)と近所の外構業者(E社)で相見積りをして結果,安い見積りであったE社に決定した事は以前に投稿したと思います。
そして,実際に工事が始まったのですが結論から言って今回の外構工事は大失敗でした!!
何故って,,未だに工事が終わっていないのですから。。。
我が家の場合はカーポートと玄関の2ケ所をお願いしているのですがカーポートはこの段階で約3週間止まっています。
PA0_0187.jpg
そして,玄関はこの段階で同じく3週間止まっています。
PA0_0186-1.jpg
着工したのが9月中旬ですから1ケ月半もたって何故終わらないのでしょうか?
初めの理由はこうでした。
(E社)『いや~今年は雨が多くってね,思うように工事が進まなくてすみませんね。』
この理由は納得できます。雨が降って工事が出来ないのはしょうがないでしょう。
秋の長雨後は工事に入り上の写真まではスムーズに進みました。
しかし,その後が全く進まない。
E社の言い分は
(E社)『いや~,設備が決まらないとこれ以上は進められないんだよね~。』
この理由も納得できます。
この時点,カーポートでは車の前に付ける伸縮の門扉が,玄関では玄関門扉が決まっていませんでした。
カーポートの伸縮門扉はこういったやつです。(カタログの写真です)
PA0_0185-1.jpg
そこで,カーポートの門扉は10月9日にE社を訪問して仕様を決めました。そして,門扉のポールの建てる位置も以前に決めていたのでカーポート側の仕様は全て決まったはず。
(E社)『今日はメーカーも休み(当日は体育の日でした)なので明日確認して発注しますね。』と言ったのです。
玄関門扉はまだ決まっていなかったのですがこれでカーポート側はしばらくすれば工事が始まるであろうと思っていました。
ところが・・・1週間たっても始まらないのでE社へ電話してみました。
10月19日の朝の事です。
すると,
(E社)『まだ,玄関側の門扉が決まらないから出来ないですよ。』
(私)『えっ,この前はもう発注するって言ったじゃない,まだ発注してないのですか?』
(E社)『ええ,発注していません。(キッパリ)玄関側が決まらないと出来ないんですよ。』
そんな馬鹿な。だって,カーポートの門扉の位置はココにするって私と妻とあんたの3人で立ち会って決めたじゃない。
(私)『以前,フェンスの位置は決めましたよね,それでも出来ないのですか?』
(E社)『だから,玄関側が決まらないと出来ないんです。(大きな声で半分キレ気味)』
だめだこりゃ,話にならない。
完全に以前の打合せを忘れていやがる。
これはもう,こちらが弱みを見せてはいけないと思い,あらかじめ妻と打合せて決めてあった玄関側の仕様を電話で伝え
『この仕様でお願いします。あと,この仕様での見積りを持ってきてください。』
と伝えました。
すると昼間,E社は寸法をとりに我が家に来たのです。
何を今更寸法を確認しているのでしょう!私たちが設備を決めればすぐにでも出来るような言いっぷりだったくせに。
そして,見積りも夜の8時になってやっと持ってきました。
昼間,慌てて一生懸命作ったのがミエミエです。
このままでは終わりません。
長くなるので続きは次回にします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする