外構工事大失敗(4)最終対決 値切り

3ケ月も掛かりやっと終わった外構工事。工事は遅いけど請求書が来るのは早いそんなE社。
請求書の見積り額は93万7千円。
当初の見積りは60万円代でした。
そのあと,追加した項目もあるのでその分のアップはしょうがないのですが明らかに初期の見積りがずさんであった事もわかりました。
例えば門扉など,ディズニーシリーズは指定していたのですがろくに寸法も測らずに一番安い仕様での見積もりを提示するなど。
もちろん,仕様変更になり価格アップしています。
さすがに,E社とのやり取りに疲れてきたので請求書の細部をチェックする気力はありませんでした。
ですが,最後に一発値引き交渉をしないと気がおさまらない。
『当初の予算から大幅にオーバーしているので予算が厳しくもう少し下げられませんか』
E社
『これでも目一杯安くしているんだよね。』
(ウソ付け)と思いつつ
『そこを何とか~』
『じゃあ,93万円で良いよ。』
ラッキー,電話一本で7千円浮いた。
更にこの勢いで
『西側にも砂利を入れて欲しいんですけど。。。』
サービスで北側の庭に砂利を入れてくれてたのですがついでに西側にも入れて欲しいと要求
すると
『takayaさん,あんたねあれもこれもって分けには行かないんだよ。』
(半分切れ気味)
『そうですよね,はい分かりました。』
まあ,言ってみただけですから。
これでやっとE社とも関わりあわなくてすむ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする