外構工事大失敗の教訓

今回の一連の外構工事の大失敗。
理由は簡単で単に見積もりの安さに目がくらんだってこと。
私は今まで安いものが良いと思っていました。
基本的には今も変わりありませんが家作りなどの人がかかわる時には相手の人柄も見抜く目も持たないといけないと思いました。
電気製品のような工業製品は工場で作るものを買うので単に安いものが良い,しかし外構工事や家作りのように人との信頼関係が重要になるものは値段以外に人と人の繋がりも重視しなくてはいけないと思います。
外構工事などは一度手を付けると(工事を始めると)他の業者は保障の問題から工事を引き受けてはくれません。
いうなれば着工した者勝ち。
今回の場合は我が家はこういった足元を見られた気がします。
業者の都合のいいときに工事を進めるといった具合に。その結果,3け月も外構工事に時間が掛かる。
せめてものすくいは家作り本体にこういったいい加減な業者に当たらなかったことですね。
終わってみれば,良い勉強をしたと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. エフケー より:

    こんばんは。日記拝見しました。
    外構大変でしたね・・なんか腹がたつと言うか、呆れるというか・・。私がtakayaさんの立場なら払わない!!なぁんて言いそうです。納期あったのなら納期守らないという事を前提に支払い拒否しちゃいそう(まぁ結局は支払いするとしても)です。
    私はこれからで、何社か相見積とった結果共済提携の業者さんに決まりましたよ。

  2. takaya より:

    エフケーさん
    お久しぶりです。仕事の忙しさを理由にさぼってしまいましたがまた,再開していくつもりです。
    家作りの最後の最後,外構でつまずきました。
    納期を理由に。。。。
    そういう交渉手段もありましたね。
    そこまで言うとものすごい事になりそうですが。。。。。
    エフケーさんは県民提携業者ですね。
    もし,トラブルがあっても県民が中に入ってくれるので安心です。
    私も,県民提携の業者にすれば良かったな~と思います。