住宅ローン控除の確定申告

住宅ローン控除を受けるためには住宅ローンを組んだ翌年に確定申告をしなければいけません。
2007年に住宅ローンを組んだ人は1~7年間は年末の住宅ローン残高の1%,8~10年間は0.5%が減税になります。我が家ももちろん,対象!!
なので,生まれて初めて確定申告なるものをやりました!
まず,必用書類は
1)源泉徴収表(サラリーマンの方)
2)銀行発行の残高証明書
3)住民票
4)契約書
5)土地,建物の登記簿
6)申請用紙(税務署,市役所にあります)
自分で用意するのは1)~5)の書類です。
まず源泉徴収表。
サラリーマンの方なら会社から発行されるので無くさないように保管。
次に,残高証明書
私の場合,JAの住宅ローンでしたが残高証明書を発行するのに420円の手数料が必用でした。このくらい,無料にしてよ,JAさん!
住民票は市役所で用意。
土地,建物の登記簿は県民共済指定の司法書士の方が登記してくれた時の登記簿があるので準備不要でした。
これらの書類を持って税務署へ行くはずでしたが市役所の出張機関でも受け付けているとの事で税務署へ行くのよりも断然近いのでそちらへ行きました。
出張所では4,5人の税理士さんが次々に対応をしています。
よく分からなかったので申請書には住所,名前等の簡単な事柄だけを記入して待っていました。
申請作業は簡単で,必要書類を見ながら税理士さんが『ここにこの数字を記入して。』
といった具合に正に,小学生に教えるように説明してくれますので必要な書類だけを準備すれば大丈夫です。
また,その場で還付される税金の振込み先も登録できますので口座番号がわかるようにしておくと便利です。
最後に,忘れがちなのが認印。私はすっかり忘れていたのですが数日前に100均で購入した三文判がカバンの中にあったので助かりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. amazon より:

    私も先日、会社を休んで初めて確定申告をしてきました。
    私が行った税務署はパソコンがたくさん並んでいて、
    確定申告作成のホームページ
    https://www.keisan.nta.go.jp/h18/ta_top.htm
    に職員の方から親切に教えていただきながら入力して、
    印刷したものに印鑑を押して、ハイ終わり!でした。
    たくさんの人でごった返していましたが、割とスムーズに
    できるよう工夫されていて感心しました。
    私も認印はたまたま持っていて助かりましたよ(笑)。

  2. takaya より:

    私も確定申告作成のホームページから申告書を作成しようとしたのですが何故か途中で進まなくなってしまい諦めました。
    サラリーマンには確定申告をする機会は少ないので良い経験が出来た気がします。
    税金が返ってくるのが楽しみですね!