2×4と雨

今週は雨がたくさん降っていて自転車通勤の私としてはカッパを着なくてはならず面倒です。
ところで,通勤途中に新築している家があるのですがその家が2×4なのです。
以前から気になっていたのですが2×4は雨に弱いということ。
床から作り壁を建てた後に屋根が付くので雨が降れば思いっきり濡れてしまいます。
通勤途中の家も丁度,床を貼ったところで雨に降られてこんな感じになっています。
(今朝は雨が降っていなかったので携帯で撮りました。)
2bai4.jpg
見事に床が濡れていますが大丈夫でしょうか?
私なら買いたくないですね。
と,新築時の雨について批判的な私ですが我が家も基礎工事が終わり土台を付けた所で大雨に合い土台はびしょ濡れでした。その時の投稿が土台工事(1)
ですが,埼玉県民共済住宅では在来工法で,びしょ濡れになった土台は無垢の乾燥材を使用しています。
乾燥材は雨に濡れても一時的に水分量が増えるが次第に元の乾燥状態に戻るとの事です。
対して,2×4は合板を使用しているので雨には極力濡れないほうが良いとのこと。
もともと,2×4は雨の少ない欧米発の工法。雨の多い日本で雨に濡れずに工事が終わるのは難しいでしょう。
その点,在来工法は雨を考慮して土台を取り付けた後は1日で上棟をして屋根を組み上げます。
2×4と在来工法が比較されることも多くそれぞれに長所,短所がありますが工事中の雨については在来工法に分があると思います。
(2×4工法の家を批判しているわけではありませんのでご了承願います)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. yamaya より:

    初めましてyamayaと申します。私は今年に入ってから土地を求め、どのメーカー(工務店含む)で建てようかと4~5社の見積りを取り検討しましたが予算オーバー。偶々、外構に関してネット検索中に施工例の写真に県民の看板が写りこんでいて、そうだ!!県民で住宅建築していることを思い出し、与野の事務所に飛び込んで~、と言うことで先週基礎工事が始まりました。で、本題の2×4ですが私は15年前に2×4で建てました。今住んでいる家です。建て方が始まったのが年末(クリスマスの頃)で1階の床を張り、壁の一部を建てた時点で年末年始のお休み、その間に雪が降ったり雨が降ったりで気がもめたことを思い出しました。takayaさんがおっしゃる通り在来工法は先に屋根を架けるので、その点気持ちが楽ですね。

  2. takaya より:

    yamayaさん,はじめまして。
    埼玉県民共済での着工,おめでとうございます。
    他社での見積もりで予算オーバーで県民に決めたのは私と同じパターンですね。
    県民での見積もりと設備を一度見ると他社では歯が立ちません。
    yamayaさんは2×4でも経験されているのですね。
    建てた経験の無い私が批判するのも説得力無いと思いますが工事中の雨ってやはり嫌ですものね。
    その点,古来から続いて今も作られている在来工法に分があると思います。
    先週,基礎工事ということは8月頃の引渡しでしょうか?
    いい家が出来るといいですね!

  3. yamaya より:

    こんにちは、yamayaです。
    おしゃっられる通り8月中旬竣工予定です。
    先日、現場監督が言うには「お盆前に引渡しになると思います」と言っておりましたので、若干早まるのでしょうかネ。お盆は職人さんも休みでしょうから !!
    takayaさんのちょうど1年後ということになりますね。
    県民に決めるにあたっては、takayaさんとお気楽主婦さんのブログが大変参考になりました。有難うございました。
    これからも県民の住み心地等の記事を楽しみにしております。

  4. takaya より:

    yamayaさん,こんばんは。
    このブログがお役に立てたようでうれしいです。
    私は去年の8月末に引渡しでした。もう半年,早いですね。
    お盆前引渡しですと早ければお盆休みには引越しできますね。
    工事中でも色々と修正が出来るので現場には頻繁に足を運んでみると色々な気付きがありますよ。
    良い家が出来るといいですね。
    これからもよろしくお願いします。