初めての固定資産税

5月は税金のシーズンですね(嬉しくないけど)
去年,新築をした我が家では初めての固定資産税を払わなければいけません。
(厳密には我が家の場合,土地を4年前から先行取得しているので土地の固定資産税は払っていました。『初めて』というのは家の部分です。)
早速,市役所から通知が来ています。
果たしていくらなのか心配しながらも開けてみると・・・
最初に建物の部分
固定資産税 :118,650円
都市計画税 : 12,712円
新築住宅軽減: 51,482円(新築後,3年間適用)
トータル  : 79,880円
続いて土地の部分
固定資産税 :13,266円
都市計画税 : 2,842円
トータル  :16,108円
土地,建物合わせて95,900円(100円以下は切り捨てです)
年4回の分納で収めます。
我が家の場合は埼玉県北部で土地約42坪,建物も約42坪の大きさです。
もちろん,お住まいの地域で地価も違うので同じ金額にはなりませんがあくまで参考まで!
参考までに,去年は土地だけの税金で年額,62,700円程度でした。
激減したのは家を建てたので住宅用の土地になり軽減措置が適用されたためです。
単に土地を持っているだけだと商売又は運用目的と見なされるため税金高いのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. jausagi より:

    こんにちは。我が家は去年共済に申し込みましたが、引渡しは今年だったので、
    土地について税金が10万ぐらい来てあわてました。そんな時、takayaさんの税金の記を読んで納得。来年は減るとホッとしました。ありがとうございました。

  2. takaya より:

    jausagiさん
    具体的には土地の部分は住宅用になると課税評価額が1/6になります。
    私の場合,無駄に高い税金を4年も払っていました。。。
    単に,お金だけで見ると年末に入居できれば土地の税金も安く住宅ローン減税もありでよかったのでしょうね。