電気コンセントのガタ

我が家のリビングにあるコンセントの内の1つがガタがありましてコンセントの枠が左右に若干動きます。
新築のときからガタは多少あったのですが1年住んでみて改善されない(当たり前)のでガタも若干大きくなってきた気もするので現場監督へ連絡しました。
埼玉県民共済住宅のアフターフォローは引渡し後1年間は現場監督が行いその後はさいたま市の県民共済の住宅部へ移るので我が家はもうすぐ引渡し後1年,現場監督に連絡できるうちにと思って今日連絡したのです。
我が家の担当をしてくれた現場監督はとても爽やかで気さくなのでついつい頼りにしてしまいます。
コンセントのガタの他にリビングのエアコンの下のクロスに若干のヒビ割れが生じているのでここも見てもらおうと思っています。
家作りだとアフターの心配をする人も多いと思います。
我が家の場合も義父が『アフターのしっかりしている会社でないと安心できないよ。』
と忠告してくれました。
埼玉県民共済住宅のアフターはどうか?と聞かれれば担当してくれた現場監督次第と思います。
この辺は運ですね。現場監督は建てる地域によって決まってしまいますので。
我が家は現場監督に恵まれラッキーでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. お気楽主婦 より:

    ご無沙汰してます(*´∀`)
    takayaさんのところの監督さん本当に恵まれてると思いますよ。うちは・・・・ちょっとはずれ気味な気がしてます(;´Д`)-3
    家の補修で今ごたごたしてきてるんですよ(;´Д`)
    うまく乗り切りたいです(´Д⊂グスン

  2. takaya より:

    お気楽主婦さん
    お久しぶりです。お気楽主婦さんの補修の一件、ブログ拝見しましたが正直監督さんには???ですね。
    家作りには様々な人が係わり合いを持つので全ての人に恵まれるのは難しいとは思いますが。。。
    監督が保証の窓口になるのは引き渡し後1年と思います。いっそのこと埼玉県民共済の住宅部に相談するのも一つの手ではないでしょうか?
    何はともあれ一日も早く解決すると良いですね。