夏の県民共済住宅(2007)

今年(2007年)の夏は暑かった(まだ終わっていませんが)
熊谷では40℃を超える日もあり記録を更新した模様です。
そんな中,我が家は新築して初めての夏を迎えました。
県民共済で過ごした夏は・・・やはり暑かった。
新築で断熱もしっかりしているとはいえ,やはり暑いです。
40℃を超えるようではもうどうしようもないくらいに。
我が家では寝室にクーラーが無い(予算の都合)ため暑くて寝られない日が2日ほどありました。
寝汗で朝起きたら汗びっしょりというのも数日。
まあ,日本一暑い地域でのことなので仕方ないとは思います。
私が当初目指していた高気密・高断熱の家だとどうだったんでしょう?
高気密・高断熱の家では窓は閉めきってエアコンを弱で一日中動かして過ごすので快適でしょうが電気代はどうなのか?
ですが,以前すんでいた雇用促進住宅とは断然違います。
雇用促進住宅ではコンクリート造りのため夜になっても暑い,エアコンを付けていても暑い状態でしたのでそれから比べれば天と地の差です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする