2008年基準地価発表

2008年度の基準地価が公表されました。
土地の値段に関するものは主に4種類あり
路線価 :7月に国税庁が発表。相続財産の元になる
基準地価:9月に各都道府県が発表
公示価格:7月に国土交通省が発表
固定資産税評価額:3年毎に各市町村が発表
今回公表されたのが各都道府県が発表する基準地価です。
全国的には住宅地で前年比1.2%の下落,商業地で0.8%の下落となっているようです。
特に東京都の下落が大きくなっていますがこれまでの値上がりが大きかっただけ景気減速による反動も大きくなっているようです。
一方,埼玉県はとみると住宅地で前年比0.9%の上昇,商業地で1.7%の上昇と全国平均とは異なり上昇しています。
新聞によると(昨年までの)東京都の地価上昇によって周辺地域である埼玉県南部が高値で取引されたとあります。
埼玉県といっても県北と県南では大きく違うでしょうね。
ちなみに,バブルのピーク時と比べると住宅地は約半値,商業地は1/4の水準にあります。
私が土地を購入したのが2005年位ですがそこからは横ばいで推移しています。
新聞の埼玉版では各市町村別に細かく表示されているので自分の住んでいる土地の前年比で比べてみると面白いと思います。
ちなみに,我が家の地価は前年と同じでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする