住宅ローン控除申請 JAの年末残高証明書は郵送されない

早いもので今年ももう年末です。
年末の定例手続き,そう住宅ローン控除の申請です。
既に10年分の申請用紙を税務署から送られて来ているので用紙に必要事項を記入。
記入項目は昨年のコピーをとってあるので簡単です。
こういうのはコピーをとって置くとあとあと楽ですよ。
あとは住宅ローンの年末残高証明書を付けて会社へ提出するだけです。
私の場合はJAで住宅ローンを組んだのですがJAは年末残高証明書を郵送してくれないのです。
しかも,自分で取りに行って手数料420円も取られます。
自分で決めた金融機関とはいえ不親切です。
ちなみに埼玉りそなでは毎年郵送で手数料も無し。
だからといって埼玉りそなのような営利追求型の金融機関で借りる事はしなかったですが。
住宅ローンを組んでもう3年目の年末を迎え,1%の控除を受けられるのもあと4年です。
(私の場合7年間が1%の控除)
そう考えると来年以降,住宅ローン組む人は10年間,1%の控除になりそうなので羨ましいですね。
それだけ景気も悪化しているという事なので手放しには喜べませんが。。。
私の住宅ローン減税の使い道ですが,手堅く貯蓄して将来の補修費(壁の塗り替えなど)に当てようと考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする