住宅ローン金利引き下げ競争

たいていの銀行の場合、住宅ローン金利の見直しは月初めにするのが多いのですが今月は大手都市銀行の2行が月の半ばで住宅ローン金利の引き下げを行いました。

みずほ銀行では2年固定の最優遇金利を、10日に年0.95%から0.55%へ引き下げを行いました。
ちなみに、2年固定のこの金利は変動金利0.775%よりも低い設定になっています。
次に、三菱東京UFJ銀行も21日から3年固定の金利を1.4%から0.75%に引き下げました。
三菱東京UFJの変動金利は0.775%ですのでこちらも変動金利より低い設定になっています。
『変動金利よりも低い固定金利』との見出しで顧客を掴もうとしているのかも知れませんが、2年や3年固定なら30年以上も払い続ける住宅ローンですので『ほぼ、変動金利』と見なして良いと思います。

上記の両銀行が埼玉県民共済住宅の提携ローンとなっているのかは私には不明ですが、とにかく、低い金利がいいと考えている方は変動金利を契約したつもりで選択肢になるのではないかと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする