食洗器水漏れ発生 修理費用は


2006年に県民共済住宅で新築時に設置したパナソニックの食洗器。2016年に水漏れのトラブルが発生しています。電気製品ですので10年も使っていれば故障が発生してもおかしくはありません。自分で修理できるものは対応するのですがさすがに無理と判断して修理依頼をしています。

スポンサーリンク

食洗機に水漏れトラブル発生

いつも通り食洗機をセットしたのですが聞きなれない『ピー・ピー・ピー』の電子音が。。。
何事かと思って見に行ってみると食洗機にこんな表示が

いや~通常ではありえない組み合わせが点灯しております。
電源ボタンを押してもリセットもされず、どこを押しても何の反応もありません。これはやばいと思い取説をめくるとありました、該当する表示が

パワフルとスピーディーが同時に点灯した場合は水漏れの不良だと。
さっそく、食洗機の下を確認してみると案の定、こんな状態

よく見てみると、食洗機の水漏れと取説には書いてありますが水が滴り落ちてきた形跡はありません。周囲を触ってみても濡れているところはなく写真から判断する限りは水道から漏れているように見えます。

とりあえず、水はふき取り蛇口を閉めて放置しておき再び水漏れが起きないか観察してみることにしました。故障した日は休日でしたので明日以降にもカスタマーセンターへ電話してみます。

修理不可でも出張費・技術料は頂くとの念押し

カスタマーセンターヘ連絡すると症状と使用機種、年数を聞かれました。
症状は本体からの水漏れとエラーコードと実際に水漏れを確認していることを説明し、使用年数は10年と言いました。

すると、『10年経過していると場合によっては保守部品が無いこともあり、修理マンが調査しても部品が無く修理不可となることもありますがその時でも、出張費と技術料で約5000円程度はお支払い頂く事になりますがよろしいでしょうか?』
との念押しがありました。

ようするに『見ただけで何もできなかったとしても費用は掛かりますよ。』ということですが『結構です』と答えるしかないですよね。

あと、電話で伝えた症状から過去の修理実績での修理費用を教えてくれて大体1万円から場合によっては3万円位はかかるが宜しいでしょうかとの再びの念押し。
3万円は嫌だな~と思いつつ、『結構です』と答えました。

排水ホースの亀裂による水漏れだった

電話した翌日には来ていただきました。本体を分解して故障の内容はすぐに分かったようで、排水ホースに亀裂が入っていました。ビルトイン方式なので開閉の度にホースに僅かながら負荷がかかり、こういった事もあるらしいです。

ついでに水位センサーの浮きも傷んでいるので交換した方が良いとの事なのでお願いしました。
修理は約1時間程度で終了し、気になる費用は13,500円と割と安価でした。

以下は内訳です。
出張料:2,500円
技術料:6,800円
部品代:3,200円
計  :12,500円(+消費税1,000円)

新規でビルトインの食洗機を付けようとすると安いので4万円から、高いのだと10万円以上もするんですね。この差はなんなんだろう?

普段購入するときは数万円の買い物だと慎重に、よ~く調べますが家を買うときだと感覚が麻痺していくらの食洗機を購入したのかも分からなかったです。

 食洗器は必須アイテム 次の修理では買い替えになるか

食洗機の洗浄力は今一つで予洗い無しに食洗器に突っ込んだだけでは洗い残しが多々あります。修理費用が高額ならこの機会に昔のように手洗いにしても良いかもと考えたこともありましたが実際に故障期間に手洗いをしましたが結構面倒。。。

楽な生活をすると手間のかかる生活に戻るのは難しいんだな~と改めて感じました。次に呼称した時は部品が入手できずに買い替えになるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする