エコキュートが壊れた!修理か購入か微妙な選択

 我が家は新築して12年が経過しました。10年を超えると家関係で色々とお金がかかることが多くなります。昨年は外壁の塗装を行いましたが外壁の次にお金がかかるであろうと恐れていたエコキュートが遂に壊れてしまいました。修理するか新規で購入するか悩みましたが購入する事にしました。

スポンサーリンク

突然のエラー表示

 壊れたのは2019年2月1日。エコキュートのモニター画面にH31のエラーコードが出現。

 嫌な予感がしつつ取説を取り出しリセットをしてみた所、最初は正常な画面に戻ったのですが暫くすると再びエラー表示が出現。今度はH27のエラーコードでした。

 最後の手段としてエコキュートのブレーカーをオフにした後、オンにして再びリセットをするも症状は変わりませんでした。

ネットでこのエラーコードを調べたところ

H31:圧力スイッチ異常
H27:電源電圧異常

どちらも『点検または修理が必要です。販売店様か弊社サービスに連絡して下さい。』とのことです。

コロナカスタマーセンターへ連絡 修理見積は約5万円

 コロナのカスタマセンターへ電話したのですが一向につながりませんでしたのでwebで症状を伝えておくことにしました。

カスタマーセンターへの入力内容

今朝(2/1)リモコンにH31のエラーメッセージがありましたのでリモコンでリセットを押したのですが今度はH27のメッセージに変わりました。
再度、リセットしましたが変わらずH27のままです。
追い炊きを試しましたが出来ませんでした。
年数も経っているので修理した場合の見積もり金額をお聞きしたいです。
金額によっては買い替えも考えています。
この時期にお湯が使えないのは辛いので早めの対応を切にお願いいたします。

 数時間後、担当の方から連絡がありエラーコードから基盤の交換が必要になるとのことで気になる修理代金は5万円程度になる見込み。基板交換なら本日の午後にでも行けるとのことでした。

 悩みどころなのがすでに10年以上経過しているエコキュートなので故障個所によっては交換部品が無いものもあるそうです。今回、修理したとしても数年後いや数か月後に違う箇所が故障してしまい交換部品が無い場合は修理不可になる可能性もあるとのこと。

 最近は商品サイクルが早いからこういった20万円以上する商品でも交換部品が無くなることもあるんですよね。悩みどころです。

 修理すれば本日中の対応なのでお湯を使えない不便さは無い。しかし、上記のようなリスクはある。

 新規に購入すれば注文・入荷・据え付けまで数日から1週間程度はかかるでしょう。その間、お湯の使えない不便な生活が続きます。

 一番心配な購入資金は新築の当初からエコキュートは10年程度で壊れる可能性があるとのことを聞いていたので別枠で毎月積み立てていたので用意はしてありました。

 嫁さんと相談した結果、新しいエコキュートを購入することにしました。
お湯が数日使えなくなりますがお風呂は嫁さんの実家が同じ市内ですのでお風呂を借りることにしました。洗い物も水になるので辛いですが我慢で。

新エコキュート選び

 普段、電気製品を買うときはAmazonや楽天で安いところから買うのですがエコキュートのような大型で据え付け工事も必要なものになると価格重視から信頼重視になり普段からお付き合いのある地元の電気店にお願いしました。知らない人が家に入ってきて工事を行うよりも以前から付き合いのある電気店の方が安心できます。

 カタログを貰いどのエコキュートにするか選ぶのですが基本性能を備えたベーシックなもの(一番安いもの)にしました。ただし貯湯量は460リットルと多めに設定(その下は370リットルもあり)

 やはり気になるので楽天で同機種の値段を調べると5~6万円位安いです。しかし、取り付け料金がネットだと高めです。基本料で12万円からというのが多かったですが最低基準ですのでそこから数万円は積みあがっていくものと思われます。

 地元の電気店では10万円でしたので総額ではあまり変わらないのでは無いかと思われます。

 エコキュート本体が20万円(2019年2月現在)、取り付け工事が12万円~ですので総額で32万円~ということになるでしょうか。
 私が購入した金額は別途紹介しますがやはりネットの方が安いですね。

旧エコキュート(コロナ製)

 今まで12年間ありがとう。撤去する前に写真を撮影。

 12年の寿命を短いと考えるか長いと考えるか?
私は毎日使うもので10年以上もってくれたのでよく頑張ってくれたな~と思います。

新エコキュート(東芝製)

 色々な問題があった東芝ですが今回は東芝製を購入することになりました。電気店のお勧めでした。

機種はHWH-B465。ベーシックなタイプですが十分です。

費用は総額で38万円

今回かかった費用内訳です。

項 目 本体価格 税込み
機種代金 248,000 267,840
脚部カバー 5,950 6,426
既存設備取り外し及び処分 18,500 19,980
配管工事 49,500 53,460
貯湯タンク/ヒートポンプ設置 12,600 13,608
配管部材費・その他消耗品 17,450 18,846
リモコン取り付け交換 1,950 2,106
Total   382,266

 本体以外の工事費は総額で10万円(税抜)でした。ネットでの工事費が12万円からなので良心的かなとは思います。本体と合わせたTotalではネットで頼んだ方が安いとは思いますが地元のお付き合いのある電気店なので色々と融通が利きますので。

お湯のある生活は快適

 約1週間、お湯の出ない生活をしていましたが不便極まりないです。毎日嫁さんの実家にお風呂を貰いに行くのですが夜になって出かけるのはやはり億劫。風呂だけもらってすぐに帰ったとしてもいつもより就寝の時間は遅くなるわけで。嫁さんと義母さんが話し込んだ日には午前様の時も。

 洗い物は食洗器があるのでまだ良かったですが食洗器も食器をそのまま入れれば奇麗になるわけではなくお湯で予洗いをしてから入れないと完璧にはきれいにならないです。これが水の予洗いになるので冷たい、油汚れが落ちないでこれまた大変。

 エコキュートが12年前のものと変わったので電気代がどれほど変わるのかデータをとって比較してみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする