新エコキュートになって使用電力量が29%減になった

 2月に12年使用したエコキュートが壊れてしまったのでエコキュートを購入しました。新型になって気になるのが節電効果ですが新エコキュートになって3月分の電気使用量が確定したので旧エコキュートと比較してみました。

スポンサーリンク

新エコキュートで使用電力量は29%減となる

 3月分の使用電力量は全期間が新エコキュートですので1年前の3月と比較してみます。
エコキュートは深夜電力で焚き上げるので深夜電力(電化上手の時間帯:23時から翌日7時まで)の一日当たりの使用電力量での比較です。

  使用電力量(KWh) 増減
2017年3月 17.3  
2018年3月 18.9 2年平均18.1
2019年3月 12.9 対前2年平均-29%

 以外にも節電効果が大きいです。1日当たりで5.2KWhも少なくなっていますので単価の12.25円をかけると63.7円/日、月額で1900円程度の節約になります。

 これがすべてエコキュートの更新によるものかは分かりませんが昼間、朝晩の時間帯は若干ですが使用電力量が増えているので深夜だけ大幅減になっているのはエコキュート効果と思います。

追記(2019-05-22):2019年4月追加

 2019年4月のデータを追記します。前回同様、1日当たりの深夜電力量で比較します。

  使用電力量(KWh) 増減
2017年4月 13.6  
2018年4月 12.8 2年平均13.2
2019年4月 10.2 対前2年平均-23%

 3月からは削減量が減少しました。大体エコキュート交換による電気代削減効果は20~30%程度とみて良いと思います。

 5月以降は太陽光発電の影響がでるのでエコキュートによる節電効果はこの2ケ月のデータでしか判断できなくなりました。

新エコキュートの学習機能のおかげか?

 新エコキュートでは学習効果があり、おまかせ設定にしていると必要な量だけ焚き上げを行います。対して旧エコキュートではそういった設定は無く夜間に焚き上げる(満タンまで)のでこの差が大きいのかもしれません。

 ちなみに、今月の夜間電力代は前年の6,713円から4,410円になりましたので2,303円の節電効果となりました。

 冷蔵庫とかエアコンとか大きな電力を使うものは買い替えた方が節電効果でお得になるという話を聞きますが、確かにそうかもしれません。平均で月2千円の効果があるとすると年間で24,000円、5年で12万円ですからね。

 1ケ月だけのデータでは説得力がないので年間での効果を確認して新エコキュートによる節電効果を検証してみます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする